場所別に住居用洗剤を使い分ける|それぞれ特徴がある

自宅を綺麗にしたいなら

洗剤

住居用洗剤を購入するのならば、掃除する場所によって製品を変えることをオススメします。落としたい汚れによって必要とする成分は変わってきますので、それ専門に開発された住居用洗剤のほうが綺麗にすることができるからです。

More Detail

豊富な品揃え

清掃道具

用途に合わせて選択可能

近年、とても多くの住居用洗剤が販売されて人気を集めています。その理由として、住宅の場所の汚れに合わせた特性をもった洗剤であることが挙げられます。キッチンのレンジ周りや換気扇まわりなどは頑固な油汚れが特徴ですが、専用の住居用洗剤を使用することで力を入れてこすらなくてもきれいなるアイテムもあります。また浴室などは皮脂汚れや石鹸のカス、カビなどが主な汚れになりますが、最近では浴室専用の住居用洗剤を使用して掃除を行うことで、カビを防止する機能がついているものもあります。それに加えて、トイレ専用の住居用洗剤は嫌なアンモニア臭を抑えたり、雑菌を除菌するなどの機能が付いたものもあります。このように場所の特性に合わせて選択できる点が人気の理由なのです。

汚れ別にあります

住居用洗剤は現在ではドラッグストアやホームセンターの掃除コーナーにたくさん陳列されています。一口に住居用洗剤といってもそれぞれ使う場所に合わせた特徴があります。油汚れに対応する洗剤には油を分解する成分が多く含まれています。またトイレ用の洗剤にはアンモニア臭や尿の石灰化などを分解する成分が含まれている傾向です。使用する場所にあわせて使いやすいスプレータイプやノズルタイプなど容器にも工夫が凝らされているアイテムが豊富です。それに加えて、泡になって洗剤が出るタイプやリキッドタイプ、ジェルタイプなど洗剤の形状もさまざまです。泡で汚れを浮かせたりジェルで汚れに吸着したりとさまざまな働きがあるため、好みや汚れに合わせて選択することが可能です。

綺麗に掃除をするために

床を拭く手

住居用洗剤を購入する予定ならば、まずはメーカーの公式ウェブサイトで使用方法などを確認しておきましょう。購入が決まったのならば、住居用洗剤は実店舗でも安く販売されていることが多いので、まずは近所のディスカウントショップなどに訪れてみると良いです。

More Detail

様々な種類があります

洗剤

住居用洗剤は多種多様であり、使用する場所や目的、洗剤の特性に合わせて購入することをおすすめします。使用の際には手を荒らしてしまう洗剤もあるため、ゴム手袋などを使用して手荒れを防止しながら清掃することをおすすめします。

More Detail